浦安 整体Total Body Care浦安駅前整体院Top» 肩こり   > 肩こりとストレートネック

肩こり

肩こりとストレートネック

悩ましい肩こり…

20180317114558-aaa21697b2106184a885dd473259799d638e9e5c.jpg

学生の頃から首から肩の凝りが酷くずっと悩まされてきました。

人からは運動してないからだよ~っと言われる始末。。。

学生の頃はそこそこ運動していたけど肩は凝っていたそうです。

あまりにも肩こりが酷いから整形外科にいってレントゲン写真を撮ったらストレートネックと診断されました。

整形ではしばらくリハビリに通ってと言われ3か月通ったが凝りは残ったまま...。

電気治療やマッサージを受けた後はスッキリするがやはり次の日になるとまた凝っている状態。

どうすれば改善するのかご相談に来られました。

(20代 女性)

ストレートネックについて

1.来院時の症状

<span>1.</span>来院時の症状

①高校生くらいからずっと肩こりがある
②マッサージを行っても一時的に改善するがまた次の日には凝っている
③現在は立ち仕事ではあるが運動はしていない
④体型は細身である
⑤最近すぐに疲れてしまう

学生の頃から長い期間肩こりに悩まされている今回の患者さん。
仕事は9:00~17:00でそんなに長い訳でもないが、最近は仕事後は疲れてしまい、早く家に帰ってゆっくりしたいと仰られていました。
でも、この肩こりは何とかしたいと切に訴えております。

2.施術の経過

<span>2.</span>施術の経過

まず、今回の患者さんの体の状態を診た時に一番びっくりした事は、ストレートネックよりも首の関節の可動域が殆どない状態でした。
ストレートネックでも関節の可動域があれば症状を出さない事が可能です。
しかし、今回の患者さんの首の動きが無かった為に他の方に比べ症状が強く出ていたのです。
その為、まずはストレートネックよりも固まってしまった首の関節と負担のかかっている筋肉を緩める事を重点的に行っていきました。
仕事もしながらなのですぐに全てが解決とはいきませんが、少しずつ症状は改善に向かっております。

浦安駅前整体院ではストレートネックと診断されたからストレートネックに対してのアプローチではなく、現在出ている症状の原因を見極め、それに対して調整を行っていきます。
出ている症状の本質を見極める事が症状改善の糸口だと思います。

3.施術担当者から

<span>3.</span>施術担当者から

ストレートネックで悩まされている方は多くいます。
一般的に産まれて3か月程度で首が据わるときに首の前彎(首の骨が前へ彎曲する状態)が作られ、6カ月程度で腰が据わり、腰の前彎(腰の骨が前へ彎曲する状態)が作られます。
そのように考えると多少人により違いがあるとはいえども産まれてすぐずっとストレートネックの方は殆どいません。

では、何故ストレートネックになるのでしょうか?
骨格が安定していない状態での不良姿勢や特定のスポーツや運動による癖と考えられます。
また最近では幼少期からスマホなどタブレットを利用する方が多い為、小さい子でもストレートネックとなり、骨格が固まる成長期前にストレートの状態が強くなり症状を発症している方が多いです。
そして成長期が終え、仕事でいつも同じ姿勢を取る事が多くなり、筋肉や関節の柔軟性が無くなる事で更に症状が悪化していきます。

今回の患者さんも学生の頃から高めのヒールを履き、生活をしていたそうです。
そして、仕事は立ち仕事だが、下を向いている事が多いとの事でした。
更に家に帰ったらずっとスマホを眺めている…。
そう言った癖が重なり症状が悪化していったと考えられました。

仕事は変えることは出来ないので、長時間スマホを見続けない様に、ヒールの高さを少し低く、運動やストレッチなどをして首や肩にかかるストレスを最小限にする事から始め症状を消していければと思います。

殆どの症状が日常生活習慣によるものになりますので、日々の生活から気を付けていくことが大切です。

ネット予約

047-355-4265

千葉県浦安市北栄1-12-36 北栄たかみビル2F

営業時間: 終日 10:00~21:00
※最終受付は1時間前まで

TOPへ