浦安 整体Total Body Care浦安駅前整体院Top» 加圧トレーニング   > タンパク質はなぜ大事?

加圧トレーニング

タンパク質はなぜ大事?

タンパク質


meat-361271_960_720b.jpg

タンパク質は私たちの体に必要な三大栄養素の1つ

身体を作る上でとても重要な役割を持っています

しかしただ沢山摂れば良いという訳でも勿論ありませんので

1つ簡単な知識としてタンパク質とはどういうものか

お話したいと思います

タンパク質は体内にとってどういうものか

タンパク質の役目

タンパク質の役目

身体を占めるタンパク質の量は水分60~70%
そして次に割合が多いのはタンパク質で15~20%が体内を占めます
筋肉や臓器から肌や髪に爪と、ホルモンや酵素、免疫物質なども
タンパク質によって作られます
またアミノ酸という体になくてはならない栄養素を作ってくれる存在でもありますので
その重要さは折り紙つきです!

一日の摂取量

一日の摂取量

タンパク質は一日にどれだけの量を摂れば良いのでしょう
これは各年齢に合わせ様々な量が提唱されていますが
成人男性も成人女性も平均は50~60g程度とされています
身長や体格、生活習慣によってももちろん変わります

大事なのはタンパク質は一回の食事で
体内に摂れる量が限られてしまうという事です
(体格や体重によって差があります)
食べ物によってタンパク質の含有量に差はありますが
100gの肉や魚におよそ20g前後含まれているそうです

よって一日三食しっかりタンパク質を摂れれば問題はないと言えるでしょう
もちろんそれよりも多く摂りたいアスリートやボディビルダーは
3時間置きに摂取したり、付けたい量によって調節していますね

タンパク質だけではNG!

タンパク質だけではNG!

筋力トレーニングと言うと負荷のかかるトレーニングをし
プロテインをはじめとするタンパク質を摂取する
ざっくり言うとこれだけなのですが、多くのアスリートが
体作りをする際に重要とするのは、トレーニングの量よりも
食事の質の方を大切にしていると言います

筋肉を付ける際に必要なのは確かにタンパク質ですが
この時に他のビタミンやミネラルといった栄養素が不足すると
筋肉は充分に付きません
緑黄色野菜なども副菜に併せて摂りたいですね

動物性タンパク質は摂り過ぎにも注意

動物性タンパク質は摂り過ぎにも注意

格闘技をされるファイター
スポーツをするアスリート
体を鍛えるボディビルダー
このような方々は動物性たんぱく質を良く摂取しますが
それは高負荷のトレーニングをはじめ
体を日頃から酷使しているからです

しかしそれほど日常で負荷をかけず生活するならば
いくら健康の為とはいっても大量のタンパク質は私たちに必要ありません

自身の体にとって必要以上の動物性タンパク質を摂ると
吸収しきれなかった分のタンパク質はそのまま腸内に送り込まれます
するとそのタンパク質は腸内の悪玉菌を増やす原因になってしまうのです

また過剰なタンパク質は体内で消化・分解する際に臓器に負担を掛けてしまいます
内臓疲労の原因にもなりますのでやはり摂り過ぎはいけません

大事なのは日々の自分の体の運動量に必要な筋肉量を把握する事ですね

ネット予約
ネット予約

047-355-4265

千葉県浦安市北栄1-12-36 北栄たかみビル2F

営業時間: 終日 10:00~21:00
※最終受付は1時間前まで

TOPへ