浦安 整体Total Body Care浦安駅前整体院Top» カイロプラクティック(整体)   > 立ち仕事による腰痛

カイロプラクティック(整体)

立ち仕事による腰痛

立ち仕事の腰痛


立ち仕事 腰5.jpg

飲食店を営んでいる方で、腰痛に悩まされご相談に来られました。

仕事はずっと厨房で立ちっぱなし...。

仕事後は腰には疲労感がすごく、睡眠時には寝返りが辛いとの事でした。

休みがあまりない為、運動も出来ない状況にあるそうです。

(40代 男性)

立ち仕事による腰への負担

1.ご来院時の状態

<span>1.</span>ご来院時の状態

①仕事はずっと立ちっぱなしで、腰痛に悩まされている
②仕事の営業時間が夕方からなので、働く時間は必然的に夜遅くになっている
③運動やストレッチは行っていない
④以前に比べ疲れやすくなっている

夜遅くまで立ち仕事をしている今回の患者さん。
腰がもう限界に達してきたそうです。
しっかりと原因を追究し、体の施術をしていきたいと思います。

2.施術後の経過

<span>2.</span>施術後の経過

体がとても硬く、施術をしてもすぐに戻っていきやすく、数回施術した段階ではそんなに効果はありませんでした。
一度深くまで固まってしまった筋肉を緩める為に、鍼灸施術を取り入れました。
そのお陰か、それ以降の骨格矯正が少しずつ維持できるようになってきました。
それでも長年の体の歪みや癖が染みついていってしまっているので、今後もしっかりとケアをして最悪の状態にならないようにしていかなければならないことを伝えました。
今後も仕事はやらなくてはならないので、うまく付き合っていく為に定期的に体のメンテナンスを行っていくと言っていただきました。

3.担当者からのコメント

<span>3.</span>担当者からのコメント

体の歪みというよりも関節及び筋肉の硬さがまず目立ちました。
こんなに体が硬いと血流が悪くなるため、代謝が低下し、回復力が遅くなります。
そして、夜遅い仕事ですと背骨の間にある椎間板の水分量も少ない状態であることからより腰には負担がかかりやすい状態でした。

仕事は変わらない為、体を変えなければなりません。
腰にかかる負担を軽減させるために、股関節と肩甲骨の可動を付けることを重点的に施術を行いました。
股関節と肩甲骨の可動域が出てくると腰の負担をカバーする働きが生まれてきます。
逆に肩甲骨と股関節が硬いと腰は強い負担を抱えなければいけなくなります。

そして、過緊張状態にあった腰の筋肉は一度鍼灸で奥にある筋肉まで緩めました。
そのお陰で、腰は少しずつ症状に変化が見られるようになってきました。

しかし、椎間板の水分量が少ない中でずっと立ち仕事であることなどからすぐに腰の症状が出やすい状態である事には変わりがないので、ケアをしっかりと行うことが大切になります。
ご自身のやりたい仕事がしっかりと行えるようにケアは本当に大事なことです。
後回しにすると回復するまで時間がかかりますので、気になったらすぐにご来院下さい!

その他のコンテンツ紹介

ネット予約

047-355-4265

千葉県浦安市北栄1-12-36 北栄たかみビル2F

営業時間: 終日 10:00~21:00
※最終受付は1時間前まで

TOPへ