浦安 整体Total Body Care浦安駅前整体院Top» カイロプラクティック(整体)   > 体の疲労による腰痛

カイロプラクティック(整体)

体の疲労による腰痛

日々の疲労

疲労腰痛.jpg

月曜日から金曜日まで必死に朝から晩まで働き、

週末は体がガチガチで寝たっきり...。

長く寝た日曜日の朝、起きたら腰が痛い。

起きてしばらくは痛いけど、少し動き始めたらだんだんと緩和される。

この腰痛は何なのか?

そして、以前に比べてだんだんと腰痛が酷くなっている。

疲れているから運動も出来ない。

どうすれば良いか自分では分からない...っとご相談を頂きました。

(40代 男性)

疲労が蓄積した体のその先は…

1.来院時の状態

<span>1.</span>来院時の状態

①腰痛が以前より強くなっている
②仕事の帰りも遅く運動は出来ない(週末も疲れ切って寝ている事が多い為、運動する気力がない)
③特に週末の朝が腰痛を感じる
④暴飲暴食はしていないが、体重が少しずつ増加傾向にある

今回の患者さんは特にこれが原因というものがない方です。
でもこういった方って結構多いです。
では、何故腰痛が出てしまうのでしょうか?!

2.本当の原因は…

<span>2.</span>本当の原因は…

こういった患者さんはレントゲン写真を撮っても骨折している訳ではありませんし、変に腰を捻ってしまった訳でもありません。
では何故腰痛が発症したのでしょうか?

答えは…「疲労の蓄積」です。

仕事の帰りが遅い為、夜ごはんは必然的に夜遅くになります。
夜遅くに食べて、すぐに寝る。
このような生活をしていると内臓が休まる事が出来なくなります。
食べ物を消化させる為には物凄く体のエネルギーが消費されます。
朝昼晩の3食しっかり食べるとフルマラソンに匹敵する位、体のエネルギーが消費されると言われております。
夜遅くに食べたご飯を消費させる為に内臓は寝ている間もフル稼働。
エネルギー消費を行う為に血液も酸素も内臓に流れていきます。
そもそも寝ている時は脳と内臓の酸素消費量が多い為、筋肉には通常でも酸素は流れづらい状態なのに、食べた後すぐに寝る事でより筋肉には酸素は流れなくなります。
そうなると昨日の疲れた筋肉は回復されずに、次の日も「疲労」を抱えて仕事に行かなければなりません。

その状態を毎日毎日繰り返す事で「疲労」はピークを迎え、週末はずっと寝て過ごす…。
このような状態に陥ります。
しかし、ここでまた体は負担を抱え込みます。
一日寝て過ごすと大体0.5%筋肉が低下すると言われます。
土日お休みの方だと約1%の筋力低下…。
筋力が低下した体で仕事をすると良い姿勢を保持できなくなりますし、デスクワークの方ですと長時間座っている事が困難になって、仕事の集中力が低下していきます。
その為仕事の作業効率が悪くなり、仕事が終わらない事態に追い込まれ、終わらないからまた夜遅くまで仕事をしなくてはならなくなります。
そしてまた「疲労」が溜まり…。
毎週毎週それの繰り返し…。

筋力の落ちた体は体を支える為にどんどん硬くなってきます。
そうすると血液が循環しにくくなる為代謝が悪くなり、ますます回復のしない体になっていきます。
そして、お休みの日に長時間寝る事で体力の回復は図れたとしても、骨盤は大きく歪む事になります。
骨盤は立っている時に上半身の圧力と股関節から下半身からの圧力を受け安定する事が出来ます。
寝ていると上半身からも下半身からもその圧力を受けない為、どんどん骨盤が開いていってしまいます。

その状態に代謝の悪くなった硬い筋肉が症状をカバーする事が出来るでしょうか?
もちろん「NO!」です。

そう言った負の循環により今回の患者さんは「疲労」は勿論の事、腰痛が少しずつ悪化していったと考えられます。
そのうち骨盤の歪みから本当に腰自体が悪くなり、症状が強くなっていってしまうのです。

3.施術担当者から

<span>3.</span>施術担当者から

今回の患者さん同様に仕事が多忙で、帰りは午前様にならないとはいえ夜遅い為、運動は出来ない。食べるのは遅い。
食べるのが遅いから食事は少しにしているけど痩せるどころか太ってきた。
と言う方は意外に多いのではないでしょうか?!
でも自分では何をしてよいのか分からない…。

こういった患者さんの場合は、まずは負の循環をどこかで断ち切らなくてはなりません。
仕事を減らしたり、帰りを早くする事は実際難しいと思います。
その為、今の体の状態を把握しなければなりません。

〇骨格の歪みが酷くなりすぎてカイロプラクティックにて矯正をしなければならなくなってしまっているのか?
〇ただ質の良い睡眠を取れるように酸素カプセルを行えば良いのか?
〇ファスティングを行って体重さえ落としてしまえば体が改善するのか?
〇筋肉の緊張が酷過ぎる為、鍼灸治療を行わなければならないのか?
〇筋肉量が落ち過ぎているから加圧トレーニングをしなければならないのか?
その方により同じ症状でもアプローチ方法は変わってきます。

実際今回の患者さんは歪みが酷くなってしまったのと代謝が落ちてしまい回復できなかった事もあり、
カイロプラクティックコースで体の歪みを整えて、酸素カプセルで体の回復を図りました。
数か月その状態を続けたお陰もあり、今では腰痛は改善され前よりも疲れなくなってきたと仰ってます。
現在では、カイロプラクティックの施術の間隔を少し伸ばして、加圧トレーニングで筋力UPを行い、疲れた時は酸素カプセルで「疲労回復」を図っております。

そう言う症状でお悩みの方は是非一度お体の状態を診せて頂ければと思います。

その他のコンテンツ紹介

ネット予約

047-355-4265

千葉県浦安市北栄1-12-36 北栄たかみビル2F

営業時間: 終日 10:00~21:00
※最終受付は1時間前まで

TOPへ