浦安 整体Total Body Care浦安駅前整体院Top» カイロプラクティック(整体)   > 足の違和感...

カイロプラクティック(整体)

足の違和感...

すべり症

すべり症.jpg

数年前に腰椎のすべり症を発症しました。

まだそんなに症状は酷くないけど、これが酷くなったらどうなるの...?

将来の不安を覚え、施術とご相談をされに来られました。

(60代 女性)

すべり症対策

1.腰椎すべり症とは?

<span>1.</span>腰椎すべり症とは?

腰椎が何らかの原因でズレる事により腰痛や足にしびれなどを起こす疾患です。
椎間板や椎間関節、靭帯などが緩む事で腰椎が前後などにすべる事で、脊柱管が狭窄され脊髄神経を圧迫し下肢のしびれや痛みを発症する事が多いです。
レントゲン写真やMRI等で診断する事が可能です。

中年以降の女性に発症する事が多く、すべり症がある方は階段変形(腰椎が前後にズレて階段状になる事から言われます)が確認でき、腰椎の前彎増強の傾向が高くなります。

2.すべり症があると将来どうなるか?

<span>2.</span>すべり症があると将来どうなるか?

一般的な症状としては、腰痛を始め殿部の痛み、坐骨神経痛、下肢のしびれ、大腿部の痛み、下腿の痛み、下肢の筋力低下がみられます。
症状が酷くなる重症例としては、脊髄神経や馬尾神経の圧迫による殿部から下肢にかけての強い神経的な痛みやしびれ、排尿障害、脊柱管狭窄症を伴う状態になると、間欠跛行などがみられる場合があります。

このような状態になると体を動かす事が困難になる為、運動して腰に負担を掛けないようにする事が困難になり、筋力の更に低下による症状の悪化が考えられてきます。

3.施術担当者から

<span>3.</span>施術担当者から

今回の患者さんはすべり症を発症してそんなに時間が経っていない事としっかりと運動や食事に気を付けて体重のコントロールをしっかりと行っていた事が強い症状に繋がっていなかったと考えられます。
今の所すべり症の確実な原因と言うのは特定されておりませんが、年齢により体を支えてきた部分が弱くなってきてしまった状態ですので、運動などをしっかりと行う事とすべり症を起こしている部分に負担をかけない様にしっかりと骨格の矯正をしてバランスを保つ事が大切になります。

今回の患者さんも同様にすべり症を起こしている部分が腰を曲げると「ポキポキ」と音が鳴っている状態でした。
長い時間をかけてすべり症の部分に負担がかかり安定性が損なわれてしまったと思います。
そこの部分の負担を軽減する為に、硬くなってしまった胸椎の可動と少し捻じれてしまいバランスが悪くなってしまった骨盤の歪み、そして全く開かなくなってしまった股関節の可動を付ける事だけでもすべり症を起こしている部分のストレスは軽減されます。

現在そこまで症状が出ていないので、その状態をキープできるようにそして、今後も症状を出さないようにする事が日常生活を送る上で大切になります。
すべり症と診断されたけど、今は症状が出ていないからと言って決して甘く見ないように心がけて下さい。

その他のコンテンツ紹介

ネット予約

047-355-4265

千葉県浦安市北栄1-12-36 北栄たかみビル2F

営業時間: 終日 10:00~21:00
※最終受付は1時間前まで

TOPへ