浦安 整体Total Body Care浦安駅前整体院Top» カイロプラクティック(整体)   > 坐骨神経痛を考える

カイロプラクティック(整体)

坐骨神経痛を考える

坐骨神経痛が出現

坐骨.jpg

坐骨神経痛が日増しに強くなりとうとう限界を迎えてきたので

どうにかならないかとご相談を頂きました。

(30代 男性)

坐骨神経痛の原因

1.坐骨神経痛

<span>1.</span>坐骨神経痛

一般的に足がしびれると「坐骨神経痛」と診断を受ける方が多いようです。
しかし、その坐骨神経痛が何から来るものなのかが重要となります。

<坐骨神経痛を起こす疾患>
・腰椎椎間板ヘルニア
・脊柱管狭窄症
・梨状筋症候群
・仙腸関節の歪み
・腰椎分離症
・腰椎すべり症
などが挙げられます。

お医者さんでは
坐骨神経痛だからリハビリをしに来てね。
お薬を飲んで痛みを散らしていきましょう。
湿布を出しておくから様子を見てね。
などと言われる事が多いようです。

2.検査内容

<span>2.</span>検査内容

カイロプラクティックの観点から坐骨神経痛を診てみると『何が原因で起きている坐骨神経痛なのか』が重要となります。
坐骨神経痛はただ単に坐骨神経の通り道に起きる痛みであり、それを起こしている原因があります。
その為に、カイロプラクティックではその坐骨神経痛を起こす『犯人を探す』検査を行っていきます。

<犯人探しの検査>
・アダムサイン
・SLR
・ラセーグサイン
・Kボンネット
・筋力検査
・知覚検査
・深部腱反射
・スタティックパルペーション
・モーションパルペーション
などなど…

そして、必ず犯人捜しをする上で大切なのが問診になります。
どういった経緯で今の坐骨神経痛を発症してしまったのか?
どうする事で坐骨神経痛が強く出るのか?
また、緩和するのか?
それにより検査なしでもおおよその原因がつかめてくる場合があります。

3.施術担当者から

<span>3.</span>施術担当者から

上記の事を踏まえていざ犯人捜しを行っていきます。

<手がかりと検査>
・30代と若い
・足のしびれは坐骨神経痛にだけに留まらず、足の甲にもしびれがある
・間欠跛行はない
・SLR陽性
・L5の筋力減弱
・左の仙腸関節が不安定
・Kボンネット陰性

その他色々な検査や問診などから今回の坐骨神経痛の犯人(原因)は腰椎のヘルニアだと考えられます。
MRIなどを撮っていない事やお医者さんではない為、診断は勿論出来ませんが、カイロプラクティックでは事細かく原因を探っていきます。

そして、今回の症状はまだヘルニアの初期だと考えられる為、カイロプラクティックでも適応になります。
犯人(原因)が分かってからはあとはしっかりと矯正し、骨格の状態を正していきます。
今回は坐骨神経痛を発症してあまり期日が経っていなかったことなどから数週間で坐骨神経痛は全く出なくなりました。


痛みには何かしら原因(犯人)があります。
その原因(犯人)をしっかりと早期に突き止めなければ、後々手術をしないといけない位酷くなる場合があります。
痛み止めや湿布で誤魔化して後々後悔をする前にしっかりとあなたのお体を診せて下さい。

ネット予約

047-355-4265

千葉県浦安市北栄1-12-36 北栄たかみビル2F

営業時間: 終日 10:00~21:00
※最終受付は1時間前まで

TOPへ