浦安 整体Total Body Care浦安駅前整体院Top» 酸素カプセル   > 疲労回復の実体験

酸素カプセル

疲労回復の実体験

疲労を感じている方に…

疲労.jpg

疲れた~

最近疲れが溜まって仕方がない...。

と言う方2名の方に実際に酸素カプセルを体験して頂きました。

(30代 男性)(50代 女性)

酸素カプセルの回復力

1.30代男性のコメント

<span>1.</span>30代男性のコメント

仕事が多忙で普段から睡眠不足です。
だからと言って休みの日は家族もいるからずっと寝ている訳にも行かず、どこかに連れて行ったりもする為ゆっくりとくつろぐことは出来ないです。20代や30代前半の時はそれでも頑張っていたのですが、段々体に不調まで出てきて…。
短時間で体をリラックス出来る何かないかな~って探していたら酸素カプセルに辿りつきました。
最初は半信半疑で入ってみました。入った直後はあまり実感はなかったのですが、その日の夜はいつものように長い時間は寝れなかったのですが、寝起きはいつもより少しスッキリしていました。
それで、何度か酸素カプセルに入ってみたのです。
そしたらだんだんと疲れが取れやすくなってきたのです。
週末家族に1時間だけ酸素カプセルに入る時間を貰って今では毎週の日課になっております。
最初はカプセル内でなかなか寝付けなかったのですが、今では入った途端爆睡しております(笑)。

もちろん全員が私みたいに効果を感じられないかもしれませんが、一度入ってみるのをオススメ致します。
酸素カプセルのあの空間が秘密基地みたいでなんか落ち着きます(笑)。


2.50代女性のコメント

<span>2.</span>50代女性のコメント

仕事は重い物を持ってあちらこちらに行く営業をやっております。
業種がら寒い日も暑い日も雨の日も関係なくお客さんの所へ出向きます。
その為、家に帰ったら足の疲労はたまり、体はグッタリ…。
お風呂に入ってゆっくり湯船に浸かっても一日では疲れは消えない為、早く寝ようと思うのですがここ最近朝までグッスリ寝れず途中で目が覚めてしまいます。
その状態で次の日も歩いて営業先へ向かいます。
営業なので、たまに時間を作ってゆっくりと喫茶店に入り少し(10分程度)だけ寝たりもするのですが、もちろん完全には疲れは取れません。

たまたま営業途中でゆっくり休める所を探していたら酸素カプセルがあったので入りました。
昔酸素カプセルに入った事はあったので何の抵抗もなく入る事が出来ました。
酸素カプセルから出た途端、頭がかなりスッキリ!!
昔は言った時にはこんなにスッキリした感覚はなかったのに疲れているとやっぱり違うんだなと感じました。
そしてその晩も朝までグッスリ!!久々に寝た感じがしました。
それからは少し営業中に時間が空くと酸素カプセルにお世話になっております。

3.お店から

<span>3.</span>お店から

(30代 男性)の場合
仕事でもご自宅でもなかなかゆっくり出来ず、自分の時間はだけでなく体を休ませる事が出来なかったと思います。
寝ていても酸素は脳や内臓に流れてしまい、肝心の筋肉にはあまり流れません。
その結果、体は回復せず疲労が蓄積してしまいました。
疲労の蓄積により体を壊してしまう等の弊害もあります。
出来るだけ早く解消するようにしましょう。
今回の方は「週末1時間だけ家族に時間を貰う」という手段を取られました。
それでご本人も勿論ですが、ご家族も笑顔でいられる事が何よりです。

(50代 女性)の場合
営業で体がクタクタになのに途中で目が覚めてしまい、しっかりと睡眠が取れないのは本当に辛い状態ですよね。
体は睡眠中にしっかりと休み回復していきます。
しかし、途中で目が覚めてしまう事でどうしてもその回復のサイクルが崩壊している状態でした。
酸素カプセルに入る事で脳にも筋肉にも強制的に酸素が供給される事でスッキリとした感覚が得られたのかと思います。
今後は夜寝れない事があっても酸素カプセルで質の高い睡眠が取れると思いますので、より仕事でバリバリ働く事が出来ると思います。
お仕事大変ですが、営業途中の酸素カプセルで癒されながら今後も頑張って下さいね♫

---------------------------------------------------------------

お二方ともコメントのご協力有難うございました。
これを見て少しでも疲労を感じている方の手助けとなればと言う事でコメントを快諾して頂きました。
皆さんも一度酸素カプセルで癒しを体感してみてはいかがでしょうか!!

ネット予約

047-355-4265

千葉県浦安市北栄1-12-36 北栄たかみビル2F

営業時間: 終日 10:00~21:00
※最終受付は1時間前まで

TOPへ